5個以上該当したら会社を潰すべき。会社の末期症状チェックリスト

会社の末期症状チェックリスト

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「資金繰りが厳しくて、ずっと悩んでる人」「24時間ずっと資金繰りの心配をしている人」です。

今回の記事は、会社の末期症状を客観的に知るためのチェックリストを紹介します。

■会社の末期症状チェックリスト(社長の態度も含まれています)

スポンサードリンク

5個以上該当したら、会社をつぶす判断をすべきです

本当は3個と言いたいところですが、頑張りたい気持ちもわかるので、5個にしました。
5個以上該当するものがある場合は、末期症状です。

末期症状と言うことは、回復の見込みはほぼないと思ってください。

このチェックを実行できる人は、スゴイと思います。
私は、この手のものから逃げていましたから、会社をつぶす判断が遅れたのだと思います。

このチェックリストは私の経験をもとに作成しました。
苦境に立っているほとんどの経営者に共通するものとなっていますので、ぜひ厳しい客観的な目でチェックしてみてください。

参考:ドン底から這い上がった逆転人生!20店舗まで成長した店舗経営術/博多とよ唐亭:豊永社長
参考:不可能を可能にするウルトラCの融資交渉術!綿密な経営戦略が融資を可能にした小売店のケース/サムライアライアンス:青野社長

スポンサードリンク

1個でも該当するものがあったら、正常ではない

正常な会社の社長に、このチェックをやってもらったら、1個も該当しません。
それほど普通じゃないことなのです。

1個でも該当するものがあった場合、資金繰り悪化度レベルで自社のステージを診断してみてください。
ステージ2の慢性期であれば、まだ再建できる状態なので、早めに手を打つようにしてください。

参考:資金繰り悪化度レベルで、自社のステージを知る


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る