酒やタバコの量が増えたら、会社をつぶす決断をすべきです

酒やタバコに逃げているだけです

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「資金繰りが厳しい人」「資金繰りがいっこうに良くならない人」です。

酒やタバコの量が増えるきっかけは、ストレスです。
経営者のストレスのほとんどは資金繰り(人の場合もあります。)です。

資金繰り悪化で、頭の中がお金のことを考えている状態の時は、酒・タバコの量が増えます。

私も資金繰りが悪化したときに同じ経験をしました。
酒やタバコに依存し始めると、だんだんここから抜け出せなくなります。
酒・タバコの量が増えたからと言って何の改善にもならないのです。

スポンサードリンク

社長と言う自覚がない

厳しいことを言いますが、酒やタバコに逃げる時点で、社長と言う自覚がありません。

あなたには守るべき従業員や家族があるはずです。
大量に酒やタバコを身体の中に入れ、自分の身体を痛めつけているだけです。

あなたに何かがあったら、リスクを背負うのは従業員さんです。
従業員さんの人生は、あなたにかかっているのです。

それでも酒やタバコに逃げますか?

スポンサードリンク

酒は1日ロックで3杯、タバコ30本

私も以前は、酒やタバコに溺れていた時期がありました。
いまはどちらも止めています。

会社をつぶす前の1年間ぐらいは、毎日仕事が終わって夜中に家に帰り、焼酎をロックで並々3杯。
グダグダに酔いつぶれて、リビングで雑魚寝。

タバコは1日30本以上は吸っていました。
しかも時間がもったいないと、1本吸うのに1分ぐらいの超速で吸っていました。

あの頃は荒れていました。
いまでは考えられないぐらい、不健康で自己中心的な生活を送っていました。

いまはどちらも止めているので、あの頃の自分に言ってやりたいことがあります。
「酒・タバコを止めるのか、会社を辞めるのかどっちか選べ」と。

あの頃に、酒とタバコを止められていたら、会社は潰してなかったと思います。
タラレバですけどね・・・(笑)


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る