社長!会社から自分の給料もらえてますか?

3カ月連続でもらえていなければ危険サイン

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「資金繰りが厳しい人」「資金繰りがいっこうに良くならない人」です。

社長なのに会社から給料がもらえない。
経験のない人は、そんなはずはないだろうと思われるでしょう。

しかし、こういう経験のある社長経験者は多いのです。
もちろん私もでした。

会社から給料がもらえない状態が、1か月ならまだ大丈夫なレベルです。
3カ月無給の状態が続くと、精神的にも家計も危険サインです。

ここで言う危険サインとは、精神的なピークに達しているという意味です。

参考:いまお金以外に欲しいものがありますか?

スポンサードリンク

お金が欲しいから独立したはず

独立の理由は、ほとんどがお金です。
お金が欲しいから独立して起業したはずです。
地位や名声、使命や志は、あとからついてくる理由です。

「お金が欲しくて独立した」のに、自分が起こした会社から給料をもらえない。
こんなに惨めなことはありません。

給料をもらえないから惨めなのではなく、稼げない自分が惨めなのです。

そのまま今の状態を続けますか?
頑張っても頑張っても光が見えない状態を必死で続けますか?

一度立ち止まって、独立の理由を考えてみてください。
お金が欲しいのに、お金がない。

なぜですか?
あなたに稼ぐ力がないわけではありません。

それはビジネスモデルがダメなのです

参考:ビジネスモデルってよく耳にするけど、どんな意味があるの?

スポンサードリンク

給料をもらえている人も考えて欲しい目安額

中小企業の社長の第一段階は月額50万が目安です。
いま毎月もらえている人も安心している場合じゃありません。

もし50万以下だったら、一度考えてみてください。

サラリーマンには、退職金や企業年金などがあります。
中小企業の社長は、将来が不安要素だらけです。
50万以下で満足している場合じゃありませんよ。

参考:5個以上該当したら会社を潰すべき。会社の末期症状チェックリスト


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る