いまお金以外に欲しいものがありますか?

物欲がなくなると危険サイン

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「資金繰りが厳しい人」「資金繰りがいっこうに良くならない人」です。

「お金以外に欲しいものがありますか?」と聞かれたとしましょう。
答えが出ない人又は物以外の「時間」や「自分の分身」などと答えた人は、危険なサインです。

危険サインとは、精神的な疲れがピークに達しているという意味です。

私も会社をつぶす前の1年間ぐらいは、物欲が全くありませんでした。
「自分のコピーロボットが5体ぐらい欲しい」と言っていたこともあります。

当時、物欲が全くなかったのは年齢のせいだと勘違いしていました。
しかし、今の私は物欲だらけです(笑)
健康管理のためのスポーツウェアや釣り道具、欲しいものがありすぎて物欲を抑えるのが苦労するほどです。

どういうことかと言うと、当時の私は物欲がなくなったわけではありませんでした。
物欲がなかった理由は、忙しくて趣味の時間もない、そしてお金もないのが原因です。

健康管理のための運動に使う時間があれば、仕事をして稼ぐという考え方でしたから
心の余裕がまったくなかったのです。

参考:5個以上該当したら会社を潰すべき。会社の末期症状チェックリスト

スポンサードリンク

お金の不安があると、余暇に気持ちが行かない

お金の不安が巻き起こす、心理的なループをご紹介します。
お金の不安 ⇒ 余暇に気持ちが行かない ⇒ いいアイデアが浮かばない ⇒ 資金繰り改善の打開策がない ⇒ お金がない

まさに負のスパイラル。無限ループです。
これをどこで断ち切るかがカギになります。

どこだと思いますか?
負のスパイラルを断ち切るポイントです。

「余暇に気持ちが行かない」 ⇒ ここです

スポンサードリンク

負のスパイラルを断ち切るにはここしかないのです。
余暇に気持ちが行かなければ、無理やり余暇を作って、頭を休める。
何も仕事のことを考えない日を作ってみてください。

不安で仕方ない、脅迫感から仕事がしたい。
こんな思いが頭をかすめても、無視です。
頭の中を空っぽにして、ひたすら仕事以外のことを考えてみてください。

池の水面がざわついている時は、月がきれいに映らず、
水面が静かなときは、月がきれいに映るものです。

心がざわついている時には閃きはでません。

頭を空っぽにしないと、いいアイデアは入ってこないものです。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る