作り方

サンプル資金繰り表の使い方

預金残高を資金繰り表に入力する

今回の記事は、資金繰りについて書いています。
この記事を特に読んでいただきたい方は「資金繰り表の作り方がわからない人」です。

今回は下記のサンプル資金繰り表の使い方を説明していきます。
参考:サンプル資金繰り表(スプレッドシート)

スプレッドシートの使い方はEXCELとほぼ同じなので、使いながらなれるようにしてみてください。

まずは残高の考え方です。
残高は、現金または預金、両方の残高にする場合があります。

現金はほとんど利用しないという場合は、預金の残高を資金繰り表の残高と考えていいでしょう。
ほとんどの企業は通帳取引なので、今回の使い方も預金残高で話を進めていきます。

まずは残高を入れましょう。

左上のピンク色のC5のセルに直接、預金残高を入力します。

この会社の残高は1,000円でスタートしています。

次に、今月来月の入金予定を入れていきましょう。
サンプルの入金は毎月2回、15日と月末に入金される予定とします。
入金額はそれぞれ10万円とします。

スポンサードリンク

もしもの場合を想定しながら資金繰りを考える

次に支払予定も入れていきます。
月末に家賃5万円、27日にクレジットカードの引き落としが3万円

月末の預金残高が121,000円になっていたら正解です。

これで一連の入力方法は終わりです。
当月だけではなく、次月以降の入金出金予定を入力していってください。

最後に、例えばの話をします。
サンプルで月末の預金残高が121,000円でしたね。

これがもしも、15日に入金がある予定の会社があまり良くない噂のある会社で、入金がない可能性もあるという場合を想定してみてください。

15日に入金がなかった場合、月末の残高は21,000円です。
結果的に資金は回るのですが、27日のクレジットカードの支払いができません。
31日まで待ってもらう形になるのですが、もしもの時のために、社長のポケットマネーを入れる準備をしておいたほうがいいかもしれませんね。

こう言うことを考えながら資金繰りの計画を立てて行ってください。

赤字を脱出して、強い会社に変えたいけれど、どこから手をつけていいのかわからない。そんな社長の悩みにズバッと答える決定版「小山流・経営改革の教科書」。「まず社長が営業マンになりなさい」から「残業ゼロ」まで、経営改革の正しい手順を八つのステップで徹底解説。

ピックアップ記事

  1. 最初のお店は2坪からスタートした/博多とよ唐亭:豊永社長
  2. 金ごときで死ぬな!/博多とよ唐亭:豊永社長
  3. 敏腕コンサルタントのドン底時代のお話/サムライアライアンス:青野社長
  4. 看板は24時間働いてくれるスーパー営業マン/博多とよ唐亭:豊永社長
  5. 社長のための思考整理法。頭をスッキリさせる6つのオススメ思考整理法を解説

関連記事

  1. 成長ステージ別

    小規模企業共済は、社長にとって加入すべき保険(共済)の一つ

    社長個人の節税対策にはもってこいの小規模企業共済今回の記事は、経営…

  2. やってはいけないこと

    資金繰り改善の対策に「これぐらいでいいや」は禁物

    墜落寸前の飛行機と同じ今回の記事は資金繰りについてです。こ…

  3. やってはいけないこと

    とっても怖い「サシ オサエ」さんは前触れもなく、突然やってくる

    通帳の差押えは、ある日突然やってくる今回の記事は、資金繰りにつ…

  4. 資金繰り

    資金繰り悪化度レベル「ステージ1:初期」の傾向と対策

    「ステージ1:初期」の傾向と対策今回の記事は資金繰りについてで…

  5. 心がまえ

    資金繰り改善に必要な「プライドを捨てる」とは、具体的にどんなこと?

    「プライドを捨てる」とは相談ができる人になることです今回の記事…

  6. 資金繰り

    酒やタバコの量が増えたら、会社をつぶす決断をすべきです

    酒やタバコに逃げているだけです今回の記事は資金繰りについてです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 成功事例

    ドン底から這い上がった逆転人生!20店舗まで成長した店舗経営術/博多とよ唐亭:豊…
  2. 作り方

    サンプル資金繰り表の使い方
  3. 未分類

    初めて人を雇うときに、まずやるべきは社長の仕事の整理です。
  4. 資金繰り

    資金繰りが悪くなったら、貸借対照表の負債の部を増やしなさい!
  5. やってはいけないこと

    その借入危険です!金利5%超の借入は絶対にしてはならない
PAGE TOP