社内の整理整頓できていますか?これができない会社は10年以内に潰れます

社内が乱雑な会社は10年もたずに潰れる

今回の記事はビジネスモデルについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「儲かっていない社長さん」です。

いろんな会社を見てきた経験から、儲かっている会社に共通しているのは「整理整頓」です。
その会社が儲かっているのか儲かっていないのかは、入った瞬間にわかります。

全体的に物が多い会社は、100%と言っていいほど儲かっていません。
飲食店も店内にいろいろベタベタと貼っていて、ガチャガチャしてる感じのお店は8割~9割が儲かっていないそうです。

はっきりとした理由はわかりませんが、次の章で私なりの解釈をご説明します。

スポンサードリンク

捨てられない会社は、利益も入ってこない

物が多くゴチャゴチャしている会社は、断捨離ができていないのです。

断捨離とは、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てること。
モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方です。

人の器は一定量しかありません。
そこにパンパンに物を詰め込むと、新しいものが入らなくなります。

新しいもの ⇒ 利益
利益を得るためには、不要なものを捨てないといけないのです。

ゴミ屋敷に住んでいる人が、お金持ちのイメージができますか?
不要なものを捨てる、断捨離を行うことで、会社は軽くなり儲かり始めるのです。

参考:頭の中は常に情報洪水。散らかった頭を整理するには情報を減らすしかない

スポンサードリンク

整理と整頓の違いとは?

私なりの整理整頓に対する解釈をご説明します。

整理とは?
いるものといらないものを分け、いらないものをドンドン捨てることです。

整頓とは?
必要なものをいつでも誰でも取り出せるように、計画的に配置することです。

まず、いるいらないの判断を行って、いるものを、誰でも取り出せるように計画的に配置する。
これで会社が儲かるようになるのです。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る