ビジネスモデル

御社にはビジネスモデルがありますか?なければ10年以内に倒産します。

ビジネスモデルなくして、事業の発展なし

今回の記事はビジネスモデルについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「ビジネスモデルが重要だと感じていない人」「ビジネスモデルの重要性を知りたい人」です。

少し強めのタイトルにしてみましたが、本当にビジネスモデルがなければ10年以内に倒産します。
それほどビジネスモデルは、経営をするうえで重要なのです。

ビジネスモデルの言葉の意味については下記の参考をご覧になってください。
参考:ビジネスモデルってよく耳にするけど、どんな意味があるの?

ビジネスモデルがない経営が乗り切れる時代は、すでに終わりました。
2007年、この世にiPhoneが登場してからビジネス界には革命が起こりました。

それ以後、ビジネスモデルがない経営が成り立つ時代は終わったのです。

スポンサードリンク

この10年は激動の時代になる。儲ける仕組みがない会社は淘汰される

2016年9月に世界では歴史的な発表が行われました。
Google、Amazon、Facebook、Microsoft、IBMがAI(人工知能)の開発で提携を行ったのです。

この提携により、あと10年はかかるだろうと言われていたAI技術の開発が加速します。
現時点では考えも及ばない技術革新が出てくるのです。

この10年はビジネス界でも激動の10年になります。
仕事が根底から変わるのです。

人間の作業ありきのビジネスモデルや、その他さまざまなビジネスが崩壊します。
そんな激動の時代を生き残っていくためには、しっかりとしたビジネスモデルが必要なのです。

スポンサードリンク

ビジネスモデルは磨くことで輝き続ける

ビジネスモデル = 儲ける仕組みです
ビジネスモデルは一度作ったからOKではありません。
ことあるごとに定期的に見直し、磨き続けなければいけません。

iPhoneをはじめとするスマホが急激に普及した裏で、バタバタと倒産した業種があります。

なんだと思いますか?

着メロ業者さんです。
※そのほかにもたくさんありますが、象徴的なのはこの業種です。

メロディが主流だった着信音から、音質の良い歌に変わってしまったのです。
当時、売上の下げ率は毎月50%減だった会社もあるようです。

時代の変化を敏感にキャッチし、自社のビジネスモデルに変革を起こさなければ
津波のようにある日突然、吹き飛ばされてしまうということもあるのです。

激動の10年を生き抜くためにも、ビジネスモデルの研鑽に努めてください。

赤字を脱出して、強い会社に変えたいけれど、どこから手をつけていいのかわからない。そんな社長の悩みにズバッと答える決定版「小山流・経営改革の教科書」。「まず社長が営業マンになりなさい」から「残業ゼロ」まで、経営改革の正しい手順を八つのステップで徹底解説。

ピックアップ記事

  1. テイクアウト焼鳥の失敗から学んだ3つのこと/博多とよ唐亭:豊永社長
  2. 社員が勝手に動き出す!そして自分も変える魔法の質問力/しつもん経営研究所:河田真…
  3. 銀行からの資金調達は社長の仕事じゃない。社長は社長の得意分野の仕事をして欲しい/…
  4. ビジネスは始める前に勝負が決まっている/博多とよ唐亭:豊永社長
  5. 『巻き込み力』で支援を勝ち取れ!小さな会社の大きな志事(シゴト)/アジアマーケテ…

関連記事

  1. ビジネスモデル

    「強み」と「ビジネスモデル」は同じ?間違いそうな2つの明確な違いとは?

    ビジネスモデルはビジネスの骨格。強みは?今回の記事はビジネスモ…

  2. ビジネスモデル

    利益がでない?赤字になる原因は3つの視点で改善すべき

    常に赤字体質の会社は3つの視点で改善すべき今回の記事は利益が…

  3. ビジネスモデル

    これはウルトラC?資金繰りが悪化する前にやりたいマル秘対策

    クラウドファンディングで資金調達をする今回の記事は資金繰りにつ…

  4. ビジネスモデル

    ビジネスモデルとは?ビジネスモデルは5つの視点で考えるとうまくいく

    ビジネスモデルはビジネスの全体像今回の記事はビジネスモデルについてで…

  5. ビジネスモデル

    資金繰りを継続的に改善するには、やっぱりこれしかない。

    利益を出さないと根本的な資金繰り改善にならない今回の記事は資金…

  6. ビジネスモデル

    資金繰り悪化度レベル「ステージ2:慢性期」の傾向と対策

    「ステージ2:慢性期」の傾向と対策今回の記事は資金繰りについて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 未分類

    ダイエット商品のベネフィットを一緒に考えてみよう
  2. やってはいけないこと

    その借入危険です!金利5%超の借入は絶対にしてはならない
  3. やってはいけないこと

    くじけそうな時は思い切り泣いて、くじけたらいい
  4. 失敗事例

    金ごときで死ぬな!/博多とよ唐亭:豊永社長
  5. 未分類

    あわてふためいて、焦って出したアイデアは実行しないに限る
PAGE TOP