ビジネスモデル

≪経営しつもん≫どうしたら来店人数を増やすことができますか?

≪経営しつもん≫の記事には、答えはありません。
読者の方が、この質問を自分の頭で考え、答えを導き出していただくための記事です。

経営者目線で、「来店人数を増やすには?」を考える

来店人数を増やす方法はいろいろあります。
ざっと考えただけで下記のようなものが出てくると思います。

・新聞折り込みチラシ
・ポスティング
・雑誌広告
・ネット広告
・SNS
・口コミ

他にもたくさん方法はあるかと思います。

単純に「来店人数を増やす」だけが目的なら、手当たり次第にお金をかけてやれば、結果はでます。
しかし「経営」という観点から考えると、単純に集客にお金をかけるだけではなく、集客を仕組み化したいところです。

集客の仕組みができれば、自動的にかつ安いコストで来店人数を増やすことができます。
それでは、≪経営しつもん≫に新しいミッションを加えて、下記の角度から答えを考えてみてください。

ミッション:来店人数を増やす、集客の仕組みを考えてください。

「自動的、かつ安いコスト」を仕組み化する

「自動的、かつ安いコスト」の集客方法で、一番最初に出てくるのは「口コミ」だと思います。
ここに絞って考えていくと、いいアイデアが出てくるかもしれません。

口コミは「現実社会の口コミ」と「SNSの口コミ」があります。
情報の拡散力は圧倒的にSNSの方ですが、今の時代、逆のアプローチで現実社会の口コミを拡散させる仕組みも面白いと思います。

答えを考える際に、下記の3点にポイントを置いて考えるといいアイデアが出るかもしれません。

★お客様の喜びや楽しみにつながるかどうか?
★リピーターさんが、喜んで友達を連れて来たくなるかどうか?
★ターゲット層が絞り込めているかどうか?

[ad#ad-1]

具体例:紹介カードを使って、お友達を紹介してもらう

これは知り合いの美容室でやっていた来店人数を増やす取り組みです。
仕組みの流れは下記の手順でやっていました。

①常連のお客様(リピーターさん)に紹介カードを渡す
②紹介カードには紹介者(リピーターさん)と紹介された人の名前を書くようにします
③紹介された人は、紹介カードをもって来店します
④紹介カード1枚で1000円の値引きをします
⑤紹介された人が持ってきた紹介カードをもとに、常連のお客様(リピーターさん)へ、手書きのお礼の手紙とともに割引券をお送りします

広告で使っていた予算を削減し、この仕組みの割引コストへ予算をまわして実践されました。
結果、リピータさんにも喜んでいただき、親近感の高い新規のお客様も獲得できる仕組みになり、年々来店人数は増加しています。

参考:売上の公式とは?売上増加の対策順序、間違っていませんか?

[ad#ad-2]

[ad#ad-3]

売上の公式とは?売上増加の対策順序、間違っていませんか?前のページ

ビジネスで「フリーメール」を使うと会社の信用が落ちる3つの理由次のページ

ピックアップ記事

  1. 2期連続赤字で債務超過なのに1億円調達!!テクニカルな資金調達の話/サムライアラ…
  2. 看板は24時間働いてくれるスーパー営業マン/博多とよ唐亭:豊永社長
  3. 書店大型化の荒波にあえて飛び込んだ、本屋大好きの起業家/福岡ブックスキューブリッ…
  4. 銀行からの資金調達は社長の仕事じゃない。社長は社長の得意分野の仕事をして欲しい/…
  5. 人生のドン底状態でもついてきてくれた仲間たち/博多とよ唐亭:豊永社長

関連記事

  1. ビジネスモデル

    「100店舗やる」ためのビジネスモデルを考え抜いた/博多とよ唐亭:豊永社長

    今回の記事は、博多とよ唐亭:豊永社長の講演内容をもとに、抜粋記事では書…

  2. ビジネスモデル

    資金繰り悪化度レベル「ステージ2:慢性期」の傾向と対策

    「ステージ2:慢性期」の傾向と対策今回の記事は資金繰りについて…

  3. ビジネスモデル

    御社にはビジネスモデルがありますか?なければ10年以内に倒産します。

    ビジネスモデルなくして、事業の発展なし今回の記事はビジネスモデ…

  4. ビジネスモデル

    資金繰りを継続的に改善するには、やっぱりこれしかない。

    利益を出さないと根本的な資金繰り改善にならない今回の記事は資金…

  5. ビジネスモデル

    利益がでない?赤字になる原因は3つの視点で改善すべき

    常に赤字体質の会社は3つの視点で改善すべき今回の記事は利益が…

  6. ビジネスモデル

    9割の人は知らない!アマゾンの「本当にすごいビジネスモデル」を徹底解説

    アマゾンのビジネスモデルの本質はここにある今回の記事はビジネス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 停滞期

    松下幸之助さんの成功の秘訣とは?ビジネスセンスや才能よりも大切なもの
  2. 未分類

    初めて人を雇うときに、まずやるべきは社長の仕事の整理です。
  3. やってはいけないこと

    私は「会社をつぶす決断」をし、親友は「命を絶つ決断」をした
  4. 未分類

    頭の中は常に情報洪水。散らかった頭を整理するには情報を減らすしかない
  5. 失敗事例

    金ごときで死ぬな!/博多とよ唐亭:豊永社長
PAGE TOP