「強み」と「ビジネスモデル」は同じ?間違いそうな2つの明確な違いとは?

ビジネスモデルはビジネスの骨格。強みは?

今回の記事はビジネスモデルについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「ビジネスモデルのことを詳しく知りたい人」「ビジネスモデルの重要性を知りたい人」です。

ビジネスモデルはビジネスの骨格のこと。
「儲けるための仕組み」をビジネスモデルと言います。

ビジネスモデルの意味については下記をご覧ください。
参考:ビジネスモデルってよく耳にするけど、どんな意味があるの?

それでは「強み」はなんでしょうか?

「強み」を別の言葉でいいかえれば「長所」とも言えます。

あなたの「会社の強み」は?と聞かれたら「長所」を答えれば、回答になっています。

スポンサードリンク

強みだけでは儲けるための仕組みは作れない

駅前にあるコンビニを例に考えてみましょう。

このコンビニの強みをリストにしてみましょう。

・駅前の立地が強み
・24時間空いているのが強み
・入口が表と裏2か所ある
・コーヒーメーカーが3台ある

そのほかにも強みはたくさん出てくると思います。

ここで考えてみましょう。
駅前の立地だけで、儲ける仕組みを作れますか?

作れませんね。

ビジネスモデルとは、たくさんの強みや競合優位性、参入障壁など、たくさんの要素を組み合わせたものをいいます。
強みをビジネスモデルだと思っている方は、いますぐ考え方を変えましょう。

スポンサードリンク

他人・外部から自社を見てもらうと強みが浮き彫りになる

「人材が強みです!」
「有資格者がたくさんいます!」
「社長の人柄が素晴らしいです!」

思わず「強みじゃねぇ~よ」とツッコミたくなるようなことをおっしゃる社長さん、結構いらっしゃいます。

人材が強みです!
⇒人材教育の手法や独自のカリキュラム、人材確保の方法など、他社との絶対的な違いが強みになるのです。

有資格者がたくさんいます!
⇒たくさんいる有資格者をどう使うかが強みになるのです。単にいるだけでは烏合の衆と同じです。

社長の人柄が素晴らしいです!
⇒人柄を使ってどうビジネスに反映させるかが強みになるのです。単に人が良いだけではお人よしです。

強みを考えるときは、抽象的ではなく、具体的に考えたほうがわかりやすくなります。
自社の強みをほかの人や、外部の人(取引先等)に見てもらうと、自分では気づかない強みが浮き彫りになります。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る