ビジネスモデル

社内の整理整頓できていますか?これができない会社は10年以内に潰れます

社内が乱雑な会社は10年もたずに潰れる

今回の記事はビジネスモデルについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「儲かっていない社長さん」です。

いろんな会社を見てきた経験から、儲かっている会社に共通しているのは「整理整頓」です。
その会社が儲かっているのか儲かっていないのかは、入った瞬間にわかります。

全体的に物が多い会社は、100%と言っていいほど儲かっていません。
飲食店も店内にいろいろベタベタと貼っていて、ガチャガチャしてる感じのお店は8割~9割が儲かっていないそうです。

はっきりとした理由はわかりませんが、次の章で私なりの解釈をご説明します。

スポンサードリンク

捨てられない会社は、利益も入ってこない

物が多くゴチャゴチャしている会社は、断捨離ができていないのです。

断捨離とは、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てること。
モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方です。

人の器は一定量しかありません。
そこにパンパンに物を詰め込むと、新しいものが入らなくなります。

新しいもの ⇒ 利益
利益を得るためには、不要なものを捨てないといけないのです。

ゴミ屋敷に住んでいる人が、お金持ちのイメージができますか?
不要なものを捨てる、断捨離を行うことで、会社は軽くなり儲かり始めるのです。

参考:頭の中は常に情報洪水。散らかった頭を整理するには情報を減らすしかない

スポンサードリンク

整理と整頓の違いとは?

私なりの整理整頓に対する解釈をご説明します。

整理とは?
いるものといらないものを分け、いらないものをドンドン捨てることです。

整頓とは?
必要なものをいつでも誰でも取り出せるように、計画的に配置することです。

まず、いるいらないの判断を行って、いるものを、誰でも取り出せるように計画的に配置する。
これで会社が儲かるようになるのです。

赤字を脱出して、強い会社に変えたいけれど、どこから手をつけていいのかわからない。そんな社長の悩みにズバッと答える決定版「小山流・経営改革の教科書」。「まず社長が営業マンになりなさい」から「残業ゼロ」まで、経営改革の正しい手順を八つのステップで徹底解説。

ピックアップ記事

  1. ビジネスは始める前に勝負が決まっている/博多とよ唐亭:豊永社長
  2. ドン底から這い上がった逆転人生!20店舗まで成長した店舗経営術/博多とよ唐亭:豊…
  3. 金ごときで死ぬな!/博多とよ唐亭:豊永社長
  4. 敏腕コンサルタントのドン底時代のお話/サムライアライアンス:青野社長
  5. たった2つのメニューで店舗展開!メニューを2つに絞ったわけとは?/博多とよ唐亭:…

関連記事

  1. ビジネスモデル

    御社にはビジネスモデルがありますか?なければ10年以内に倒産します。

    ビジネスモデルなくして、事業の発展なし今回の記事はビジネスモデ…

  2. ビジネスモデル

    ≪経営しつもん≫どうしたら来店人数を増やすことができますか?

    ≪経営しつもん≫の記事には、答えはありません。読者の方が、この質問…

  3. ビジネスモデル

    「強み」と「ビジネスモデル」は同じ?間違いそうな2つの明確な違いとは?

    ビジネスモデルはビジネスの骨格。強みは?今回の記事はビジネスモ…

  4. ビジネスモデル

    資金繰りを継続的に改善するには、やっぱりこれしかない。

    利益を出さないと根本的な資金繰り改善にならない今回の記事は資金…

  5. ビジネスモデル

    売上の公式とは?売上増加の対策順序、間違っていませんか?

    売上の公式とは?「売上の公式」とは、売上を計算するときに必要な…

  6. ビジネスモデル

    「100店舗やる」ためのビジネスモデルを考え抜いた/博多とよ唐亭:豊永社長

    今回の記事は、博多とよ唐亭:豊永社長の講演内容をもとに、抜粋記事では書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. やってはいけないこと

    資金繰りの厳しさに耐えられず、クリスマスに自殺した親友の話
  2. やってはいけないこと

    その借入危険です!金利5%超の借入は絶対にしてはならない
  3. ビジネスモデル

    ≪経営しつもん≫どうしたら来店人数を増やすことができますか?
  4. ビジネスモデル

    利益がでない?赤字になる原因は3つの視点で改善すべき
  5. 資金繰り

    資金繰り悪化度レベル「ステージ4:末期」の傾向と対策
PAGE TOP