銀行に頼りきりにならない!融資以外に資金を増やす4つの資金調達法とは?

資金の調達方法には「直接金融」と「間接金融」がある

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「借入以外の資金調達法を考えている人」「新しいビジネスを構築し、資金調達を考えている人」です。

資金調達の方法には2種類あります。
普段、中小企業が銀行から借り入れをして資金調達する方法を「間接金融」と言います。

「間接金融」とは、簡単にいえば返済が必要なもの、いわゆる負債といわれます。
負債には、元本の返済期限が決められており、利息として融資者に還元します。

その反対に「直接金融」があります。

直接金融は、返済が必要ないもの、いわゆる出資のことを言います。
出資には、定期的な返済期限などが決められておらず、配当として出資者に還元します。

直接金融には以下のようなものがあります。
どちらの方法も絶対に必要なのは、しっかりしたビジネスモデルと計画が必要になります。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、ここ数年で出てきたネット社会ならではの資金調達の方法です。
配当と言う考え方が、クラウドファンディングでは見返りと言われますが、内容は配当と同じです。

参考:これはウルトラC?資金繰りが悪化する前にやりたいマル秘対策

出資してもらう

ほとんどの方は、自分の資金を会社に出資して、会社を設立されているはずです。
それが当たり前になりすぎて、盲点になっていますが、他人から出資してもらうという方法もあるのです。

スポンサードリンク

銀行融資以外の間接金融とは?

銀行融資以外に、借入ができるところを紹介していきます。
どちらも正規の合法なものなので、選択肢として覚えておくと役に立つと思います。

リース会社、信販会社からの借入(リース契約又は割賦)

設備投資などでリースや信販ローンが使える場合には、なるべくこちらから借りたほうが良いです。
少々、金利は高くなりますが、銀行からの借入には「枠」というものがあるので、その枠をなるべく使わないようにするためです。

スポンサードリンク

社債、私募債などで資金調達

社債はあまり聞いたことがない人が多いと思います。
投資をされている方は、国債を思い浮かべてください。

お金を貸してくれる人を集めて、債券を発行し債権者に購入してもらいます。
毎年金利を支払い、5年又は7年などで償還(返済)する方法です。

金利の相場は4%~7%ぐらいと言われます。
融資のように毎月返済するわけではなく、償還期に一括返済するので、資金繰りは楽になります。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る