クレジットカード2枚でできる!超簡単!資金繰り改善対策

締め日の違うクレジットカードを2枚用意する

今回の記事は資金繰りについてです。
この記事を特に読んでいただきたい方は「現在、資金繰りが悪化している人」「資金繰り改善のための対策を知りたい人」です。

今回はクレジットカードを計画的に利用して、資金繰り改善を行う方法をご紹介します。

クレジットカードは、利用日から最長で約2か月支払いを遅らせることができます。

例えば、末日締めの翌27日払いのクレジットカードの場合。
3月1日にカードを利用すると、この支払は3月末で締めて、4月27日が支払日になります。
約2か月間支払いが伸びていますね。

クレジットカードをこういう考え方で利用すると、かなり資金繰り改善に使えます。

それでは結論です。
締め日の違うクレジットカードを2枚用意します。
出来れば15日締めと末日締めなど、15日ぐらい間隔があいているとベストです。

15日締め ⇒ 翌月10日払い ⇒ 16日~月末まではこのカード
末日締め ⇒ 翌月27日払い ⇒ 1日~15日まではこのカード

最大限に支払いを伸ばすために、上記のような使い方をしてください。

15日ずつ支払期限を伸ばしているので、資金繰りにプラスの影響を与えます。
たかが15日間ですが、されど15日間です。資金繰りにはかなり効果が現れます。

参考:資金繰りが悪くなったら、貸借対照表の負債の部を増やしなさい!

スポンサードリンク

クレジットカード別:締め日と支払日の一覧

クレジットカード会社ごとの締め日と支払日の一覧は下記です。

カード名 締め日 支払日
三井住友VISAカード 15日 / 月末 翌月10日/ 翌月 26日
ダイナースクラブカード 15日 翌月10日
アメリカン・エキスプレス・カード 会員ごとに違う 会員ごとに違う
イオンカード 10日 翌月2日
シティカード 15日 翌月10日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
ニコスカード 5日 同じ月の27日
ライフカード 5日 翌月の3日または7日
ジャックスカード 月末 翌月27日
オリコカード 月末 翌月27日
楽天カード 月末 翌月27日
DCカード 15日 翌月10日
ファミマTカード 末日 翌々月1日

スポンサードリンク

一番使えるのは水道光熱費の支払い

クレジットカードがあっても、そんなに使う場面がないと思われるかもしれません。

最近では、水道光熱費はすべてクレジットカードがOKになりました。
そのほかにも、毎月の支払などはクレジットカードが多くなりましたので、意外に切り替えられるものがあるはずです。

細かいことですが、こういう地道な資金繰り改善の対策をやっていくことが大事です。
地味ですが、会社は必ず良い方向をむきますので、取り入れてみてください。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る