目標利益から逆算で『目標経常利益』を計算する方法

目標利益を決める

まずは目標利益を決めましょう。
ここで言う目標利益とは、税金を払った後の純利益(税引後の当期利益)を言います。

簡単に言えば、社長がいくら残したいかです。

スポンサードリンク

目標利益から経常利益を逆算する

c87f765d2a25e1ebf86264794b964f4e

上の表の「純利益」が先ほど決めた目標利益です。
ここから経常利益を逆算していきます。

まず、税引前の当期利益を計算してみましょう。
当期利益(目標利益)は税金を引いた後の金額ですから、税金を計算すれば、税引前当期利益が計算できます。
税金はだいたい税引前当期利益の40%なので、税引前当期利益の60%が当期利益(目標利益)と言うことになります。

■税引前当期利益を算出する計算式
当期利益(目標利益) ÷ 60% =税引前当期利益

具体例
当期利益(目標利益)が600万円の場合
600万円 ÷ 60%(0.6) = 1,000万円

スポンサードリンク

それでは経常利益を計算してみましょう。

特別利益や特別損失は突発的なものですので、予測ができません。
目標を立てる際に、来年は不吉なことが起こる気がする・・・と予測する人は稀なのです(汗;)

特別利益や特別損失については、このようなことから目標売上を算出する際には加味しないで計算します。

■経常利益を算出する計算式
税引前当期利益 + 特別損失 - 特別利益 = 経常利益

具体例
1,000万円 + 0円 - 0円 = 1,000万円

これで目標とする経常利益が計算できました。
次回は営業利益の計算を紹介します。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る