銀行からの資金調達は社長の仕事じゃない。社長は社長の得意分野の仕事をして欲しい/サムライアライアンス:青野社長

今回の記事は、サムライアライアンス:青野社長のインタビューをもとに、抜粋記事では書ききれなかった内容を詳細記事にしています。
抜粋記事については、下記を参考にされてください。

参考:資金調達は社長の仕事じゃない!?プロが語る銀行の融資事情/サムライアライアンス:青野社長

銀行からの資金調達は社長の仕事じゃない

私も会社をやっていたころは経験がありますが、融資の際の銀行からの質問への対応や交渉って、正直面倒ですよね。
自分では完璧と思って作った計画書に穴があったり、厳しいツッコミが入ったり、追加の資料を要求されたり。
苦労された社長も多いのではないでしょうか?


青野社長は、銀行からの資金調達は社長の仕事ではないとキッパリ言われます。

経営者は、その分野のプロフェッショナルです。
会計には会計の専門家、労務には労務の専門家、法律には法律の専門家がいて、資金調達にも同様に青野社長のような専門家が存在するのです。

スポンサードリンク

税理士、公認会計士は資金調達のプロではない

中小企業の社長の中には、資金調達を外注してくれるプロがいることを知らない人が多数いらっしゃると思います。
そのため身近な存在の顧問税理士や顧問会計士が、中小企業の社長にとっては頼りになる存在なります。

私は元公認会計士事務所の職員を10年経験しました。
正直に言うと、資金調達に関してはズブの素人です。
しかも担当者の意欲によって、その知識レベルは格差があるのが当たり前の世界です。

税務会計は専門分野ですから、もちろんこの分野はプロフェッショナルです。
しかし、資金調達や銀行の事情などは、ほとんど勉強しない(勉強できない)のです。
日経新聞で読んだ、または他の顧問先から聞いた内容を、うまく知識にしているだけで、大した経験はありません。

そして一番の問題点は、そのお堅い仕事柄から、事業計画書を夢のあるものではなく、現実路線のお堅い計画書を作ってしまうのです。

スポンサードリンク

事業計画も自分で作る社長が多い

インタビューをしながら、青野社長の口から「事業計画を自分で作る社長も多いんですよね」という言葉が出た瞬間に、ドキッとしました。
私も以前会社を経営していたころには、自分で作っていたので、反省しきりでした(笑)

もっと白状すると、私はすべて自分でやっていたのです。
帳簿、資金繰り、事業計画作成、融資関係の書類の準備等々。
今考えると馬鹿らしくて、恥ずかしくなります(汗;)

青野社長のお話を聞いていて、私がいま会社を経営していたら確実にお願いするだろうなと思っていました。
資金調達で走り回って、頭を使って、時間を使って忙しくしていたころを思い出すと、どれだけ無駄な時間を使ったのだろうと反省します。

最後に青野社長の言葉をご紹介します。

社長は社長の得意分野のプロフェッショナルです。
だから社長にはプロフェッショナルの仕事をしてほしいのです。


経営でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
⇒ 無料相談フォームはこちら

関連記事

コメント

ピックアップ記事

Facebookで話題!

ページ上部へ戻る